その日本語研修、実務に直結していますか?

社員を対象に日本語研修をやっているけれど、効果が見えない…。モチベーションも上がらず、遅刻や欠席も多いようだ…。

人事研修ご担当者様、こんな悩みを抱えていませんか?

実はこれには理由があるんです。

多くの日本語教師は、文型を教え、その文型が作れるようになるための授業をしていますが、この方法には、ある課題が存在します。その文型は何のために学ぶのか、それを学んだら何ができるのか、というところが明確でないために、実践につながりにくいのです。たとえば、教科書が最初から決まっていることはありませんか? この場合、教科書に載っている文型を網羅することが目的になっている可能性が大きいです。

では、どうしたらいいのでしょう。

解決策は、ゴール指向のレッスンを実施することです。御社の業務や学習者の特性を分析した上で、何ができるようにしたいかを明確にし、そこを目指してレッスンを行いましょう。企業も一社一社異なります。A社に合ったレッスンが、B社に適しているとは限りません。教科書も、同じであるはずがありません。御社の状況に合わせ、カスタマイズしたレッスンが必要です。

でも、そんなレッスンができる講師っているんでしょうか?

いるんです。

弊社では、インストラクショナルデザインの理論と方法に基づきゴール指向のコースデザインができる講師と契約をしています。全員が、日本語教師養成講座修了、大学・大学院での専攻や日本語教育能力検定試験合格という形で日本語教育に関する専門知識を持ち、その上で弊社が提供する「日本語教師のためのインストラクショナルデザイン」を修了した講師となります。

ゴール指向のレッスンで、社員の方の日本語運用力とモチベーションを一気に上げていきましょう。

ぜひ、こちらからお問い合わせください。